生理不順の私が妊娠したのは奇跡。妊娠判明後、親族の顔合わせ、入籍、妊娠8ヶ月の時には引っ越し。その体でタンスを一人で動かしたり。お腹は張るに決まっている。もともと主人の両親に反対されていた私は、精神状態も悪く、妊娠中にリラックス出来た事は一度もない。妊娠中期の頃から帝王切開が決まっており、後期には胎盤が弱っているとの事で二日に一度NST検査に通っていましたが無事に出産。帝王切開の痛みに耐えられない事が予測できた私はプラス3万円で特別な麻酔を追加。

 

出産後は里帰りしたものの、親が年のせいであまり動けず、床上げも何も無いような状態で早めに自宅へ。夜中は子供がこの世の終わりのような泣き方で大泣き。母乳は飲まない。隣で寝ている主人はイビキをかいて寝ている。その姿に呆れて自分も大泣き。やっとお風呂に入れると思い入ると外で音がする。ドアを開けると主人が泣いてる子供をあやしきれずに抱っこして立っている。ストレスの毎日。ストレス太り。義母はママ友作れと言うが、そんな付き合いは今の私にとって余計ストレス。

 

子供が10ヶ月になった頃に妊娠が判明。喜びも束の間。7週近くで出血。部分胞状奇胎の為流産。二度のソウハを行い、その後半年間毎月一度HCGの数値を調べる為に病院へ行き血液検査。経過も順調になってきた頃、主人の転勤が決まりまたの引っ越し。引っ越し後は慣れない環境と育児のストレス。激太り。離乳食は食べない、食べるようになったと思ったら遊び食べ。今度はかんしゃく。片付けをしたそばからまた散らかし。赤ちゃんだから仕方ない、誰だって初めから出来る訳じゃない。そんなの百も承知。わかっているけどそんな言葉私には通用しない。

 

引っ越し、主人の実家との付き合い、育児、全てがストレス。主人へのストレスのせいで子供へ暴言。帝王切開のせいか、本当に自分が生んだのだろうかと言う悩み。今はイヤイヤ期に突入する子供と戦いの日々。