妊娠中って嗜好が変わる!?突然体が欲し出したたんぽぽ茶

私は現在妊娠中で、もうすぐ4カ月目に入ります。妊娠が発覚してから間もなく吐きつわりが始まり、初めての妊娠ということもありその辛さに参りながら日々過ごしています。つわりの影響なのか、常に口の中が酸っぱいような苦いような嫌な味がしてネバネバするのです。私は妊娠前から決してお茶が好きなわけではなく、飲むとしても職場でたまに紅茶を少しいただく程度でした。それが不思議なことにつわりが始まって以降、口の不快感を紛らわせたい為なのか強い苦みを欲するようになり、無性にたんぽぽ茶が飲みたくてたまらなくなったのです。しかしコーヒーはカフェイン含有量が多く、妊娠中に飲むことはあまりオススメされません。何か代用できるものがないかと探している時に、カフェインが含まれないたんぽぽ茶の存在を知りました。

 

私は以前からアロマやハーブを取り扱っているWEBショップが好きでよく利用していて、そこでたんぽぽ茶を取り扱っていることを知り注文してみることにしました。飲んてみた感想としてはコーヒーよりは薄めですが、匂いも味も香ばしさがあって濃いお茶をいただいてるという感じです。妊娠前のコーヒーの飲み方と同様、牛乳を混ぜてカフェオレのようにして美味しく飲んでいます。調べてみると、たんぽぽ茶を飲むと母乳の出が良くなる効果があるそうです。私は出産がまだ先なので実際どのくらい効果があるのか分かりませんが、美味しいものなので妊娠中も出産後も続けて飲んでみようかなと思っています。

 

出産後に利用してみました〜人気のたんぽぽ茶〜

妊婦向け雑誌の広告で「たんぽぽ茶」の存在を知りました。今でこそ、近所のスーパーでも数種類のカフェインレス茶を取り扱っていますが、私が妊娠していた7年前はネスカフェのカフェインレスコーヒーが、限られたスーパーにあるだけでした。妊娠中はお茶なんて全然飲みたいとも思わなかったのですが、出産後にコーヒーをちょっと飲みたくなってきて、カフェインレスのコーヒーを買ったりしていました。ただ、赤ちゃんがいて外出もままならなく、カフェインレスコーヒーが切れてもわざわざそれ目当てで、遠いスーパーに買い物にでるのも大変だったので、通販で買える「人気のたんぽぽ茶」を試しで注文しました

 

人気のたんぽぽ茶、おすすめはどれ?

たんぽぽ茶Mam
こちらのページではほとんど全てと言っていい「たんぽぽ茶」と呼ばれる商品のレビューがあり、参考になります。

 

届いた商品は思ったのと違い、ティーバック式でした。「お茶」なのに紅茶みたいな淹れ方で意外でした笑。お味はコーヒーといえば…コーヒー??ですね。ただ、「たんぽぽ茶」という先入観があったためか、野草を焦がして果てしなく香ばしくした味に思えました。たんぽぽを焦がすとコーヒーに味が似てくるのか〜と新たに発見した気分です。味はたしかにコーヒーに似ているのですが、コクとか深い風味の点で、本物には及ばないかな…と。まずいわけではありませんが。

 

リピートはしませんでしたが、私が注文した「人気のたんぽぽ茶」を扱っているのが、ほかにもお茶関係をいろいろ扱っている企業で、何度かほかの商品を注文させていただきました。そのたびに、直筆のお礼メッセージをいただくので、丁寧な会社さんだな〜と感心します。

 

妊娠中、子育て中の悩みは、たんぽぽ茶で解決しましょう

たんぽぽ茶とはその名の通り、たんぽぽの根から作られた飲み物です。たんぽぽ茶と言われますが、実際にはコーヒー豆は使われていません。製法や焙煎方法によって、味が異なるので、作り手によって違います。ですから、飲む側は様々な味わいを楽しむことができる、とても深い飲み物です。たんぽぽ茶は、どんな効果があるのでしょうか。ノンカフェインなので、カフェインを避ける必要がある方や苦手の方にもコーヒーの風味を楽しんでもらえると思います。特に、妊娠前後の方や、授乳中のママさんも飲むことができるので人気を集めています。

 

妊婦中は、妊娠ならではの不調やストレスが溜まります。たんぽぽ茶には、女性ホルモンのバランスを整えてくれますので、ストレスを緩和させる働きがあります。また、睡眠不足や疲労の回復にも良いとされています。コーヒーと同様に、利尿作用もあるので、老廃物を排出する作用が働き、結果、むくみ改善にもなります。また、鉄分やビタミン、ミネラル、カリウムも多く含まれています。これらは、母乳の出を良くする働きがあるので、母乳で育てたい方には良いでしょう。他にイヌリンという成分も含まれていますが、これは、肝機能の改善や、血中のコレステロールを減らす作用があります。脂肪を溜め込みにくくします。血液をサラサラにします。乳腺炎の予防にもつながります。何と言っても、副作用がないので安全、かつ安心して飲むことができます。